東京、新宿、渋谷、品川、上野、横浜、ランゲージエクスチェンジパートナー(language exchange partner)マッチングサービス

language exchange ~英語リスニング

language exchange ~英語リスニング

日本人が英語学習に費やす時間というのは、おそらく決して少なくないと思います。 

但し、『使える英語』のレベルまで到達する人がどれだけいるでしょうか。 多いとは言えないでしょう。 

それはどうしてか。 まだまだ勉強時間が足りないからでしょうか。

絶対に違います。 漠然と勉強している時間が長く、不必要な単語・文法まで勉強し、ゴールまでぐるぐる回り道をしているからです。 

そのうちに集中力が弱り、失速してしまう。 このような経験はありませんか。 

今回は英語のリスニングのポイントを紹介します。

 リスニング

英語の学習で日本人が一番苦手なのがリスニングでしょう。 

その原因のひとつが子音の聞き取りです。もともと日本語には多くの子音があったと言われていますが、現在はほとんど使われていません。

『あ、い、う、え、お』と母音のみで、ひとつひとつの発音がはっきりと聞こえます。

このような言語音声構造からも日本人にとっては子音が含まれている英語の聞き取りは簡単ではありません。

但し、日本人でも英語が堪能な人はたくさんいます。 

様々な過程を経て、そのステージに到達していると思いますが、私自身が自分のリスニング力を上げるきっかけとなったのは、英会話ラジオ講座を聞いているときに、ラジオ講師がふと話した言葉でした。

『英語の母国語話者でも英語の会話を100%一字一句聞き取ることは難しい』。

それまでは全ての単語を耳で追って、全ての言葉を理解しようとしており、そのスピードについていくことができないでいましたが、この言葉を聴いてからは、大意をつかむことに集中し聞くようにしました。 

それからです。 

コミュニケーションが取れるようになりました。 

細かい意味はわからない部分があっても、全体の意味がわかり、キャッチボールができるようになったのです。 

勉強というのは、どのアドバイス、どの言葉がその人の能力をアップするきっかけになるかわかりません。ここでの話が皆さんの成長につながることを願っております。

コメント


認証コード8119

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional