東京、新宿、渋谷、品川、上野language exchange partner,ランゲージエクスチェンジパートナー、無料マンツーマン英会話サービス。

外国語学習オリジナルカリキュラム①

外国語学習オリジナルカリキュラム①

カリキュラムNo 1  単語運用力
学習技能

発話力・単語力・文法力 
学習方法

単語リストを作成する

②パートナーに単語をピックアップして、発音してもらう

③その単語の意味を聞き取り、その単語を使って、単文を作成する

④単文作成ができた後、複文作成を心がけ、徐々に長い文章を作成する練習をする
学習ポイント

単語リストは市販のものを使っても良いと思いますが、自分で単語リストを作ることを勧めます。単語リストを積み重ねてオリジナルの単語帳を作成しましょう。 自分にとって最高の教材になります。

②パートナーにランダムに単語をピックアップしてもらい、発音してもらいましょう。 単語を聞き取ることができなかった場合、すぐに単語帳で確認するのではなく、その単語をパートナーに説明してもらいましょう。 これは聴解力の良い訓練になります。

③パートナーが発音した単語を使って、即座に単文を作成しましょう。

※一つの単語で2つ以上の単文を作成するように心掛けましょう。ただ単に単語を覚える、聞き取るだけではなく、文章を作成する練習により、単語を実際に発して練習することができるので、その単語を忘れることなく、しっかりと覚えることができるようになります。 

文章の中であれば、その単語の前後、文脈から単語の意味を判断することができますが、このカリキュラムは一つの単語の聞き取りなので、より音を正確に聞き取る力が鍛えられます。 

また即座の文章作成は母国語でも難しい場合がありますので、母国語でも単語→文章作成の練習をすることを勧めます。

単語力というのは、ボキャブラリーの数ではなく、その単語を使ってコミュニケーションができる単語運用力/スキルだということを覚えておきましょう
応用カリキュラムA

パートナーに単語を発音してもらう代わりに、自分で単語を発音して、パートナーに文章を作成してもらいましょう。 この練習は、パートナーに単語の発音が通じてるかどうかわかります。またパートナーが作成する文章を参考にしましょう。
応用カリキュラムB

(構文作成)パートナーに構文を発音してもらい、
その構文を使って文章を作成しましょう。

    コメント


    認証コード9043

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by Quick Homepage Maker 5.3
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional