東京、神奈川、横浜、埼玉、千葉を中心にランゲージエクスチェンジマッチングサービス。 language exchange partner in tokyo,kanagawa,yokohama,chiba,saitama.

英語学習ポイント紹介

英語学習ポイント紹介

『英語学習ポイント』

日本人が英語学習に費やす時間というのは、おそらく決して少なくないと思います。 但し、『使える英語』のレベルまで到達する人がどれだけいるでしょうか。 多いとは言えないでしょう。 それはどうしてか。 まだまだ勉強時間が足りないからでしょうか。 

絶対に違います。 漠然と勉強している時間が長く、不必要な単語・文法まで勉強し、ゴールまでぐるぐる回り道をしているからです。 そのうちに集中力が弱り、失速してしまう。 このような経験はありませんか。 

ここでは英語学習のいくつかのポイントを紹介し、皆さんが効率よくそのゴールにいくための手助けとなれば光栄です。 ポイントはいくつもありますが、絶対不可欠なのは自分の努力です。 これだけは忘れずに、皆さん頑張ってください。
具体的な学習方法、カリキュラムについては、ラーニングキャッチボールメンバー専用の英語学習カリキュラムを参考にしてください。

Point1  文  法 

  • 外国語学習ポイントでも述べているように、外国語は暗記科目であり、基本的には文法も覚えていくしか方法はありませんが、英語に関して話をすれば、基本5文型さえきちんと理解することができれば、文法は全く難しくありません。 どんな文章でもこの5文型で説明することが可能だからです。 前置詞がこの文型には含まれないため、前置詞以下の文を飾りと考えれば、残りの部分はこの基本5文型なのです。 

    高校で最初に習うのが多くはこの5文型だと思いますが、そのときにこの文型を重視して学習していく人はそんなに多くはないかもしれません。 ただ、英語の文法習得はこの5文型の習得に関わってきます。 

    1. S + V
    2. S + V + O
    3. S + V + C
    4. S + V + O + O
    5. S + V + O + C

    私は、高校1年生でこの文型を習得し、その後、この文型で説明できない文法・文章に出会ったことがありません。 皆さん、頑張ってください!!! 不安があれば、ぜひキャッチボールパートナーで文法が得意な方と出会いましょう。 

Point2 単 語 力

  • 外国語学習に必要なものは単語力と想像力と少しの文法力だ』 単語力というのは外国語学習の全ての項目でポイントとなります。 リスニングにおいても、単語力があれば、なんとなく理解できる、『なんとなく』の幅が広がります。 スピーキングにおいても、文法がめちゃくちゃでも単語を並べれば、相手に自分の意思を伝えることができ、コミュニケーションが取れる確立が高くなります。 恋愛だって、下手な鉄砲も数打てば当たる?ように、下手な単語も数多く言えば、相手の心に届くかもしれません。 
     
    単語力は覚えて覚えて覚えるしかありませんが、外国語の単語力を増やすには、外国語学習ポイントでも触れていますが、自分の母国語のボキャブラリー力をしっかりと把握すること。 日本語でもなかなか出てこないのに、外国語で表現するのは夢の夢です。  毎日、日本の新聞を読んでみてください。 

point3 リスニング

  • 英語の学習で日本人が一番苦手なのがリスニングでしょう。 その原因のひとつが子音の聞き取りです。もともと日本語には多くの子音があったと言われていますが、現在はほとんど使われていません。『あ、い、う、え、お』と母音のみで、ひとつひとつの発音がはっきりと聞こえます。このような言語音声構造からも日本人にとっては子音が含まれている英語の聞き取りは簡単ではありません。 

    但し、日本人でも英語が堪能な人はたくさんいます。 様々な過程を経て、そのステージに到達していると思いますが、私自身が自分のリスニング力を上げるきっかけとなったのは、英会話ラジオ講座を聞いているときに、ラジオ講師がふと話した言葉でした。『英語の母国語話者でも英語の会話を100%一字一句聞き取ることは難しい』。

    それまでは全ての単語を耳で追って、全ての言葉を理解しようとしており、そのスピードについていくことができないでいましたが、この言葉を聴いてからは、大意をつかむことに集中し聞くようにしました。 それからです。 コミュニケーションが取れるようになりました。 細かい意味はわからない部分があっても、全体の意味がわかり、キャッチボールができるようになったのです。 

    勉強というのは、どのアドバイス、どの言葉がその人の能力をアップするきっかけになるかわかりません。ここでの話が皆さんの成長につながることを願っております。

Point4 スピーキング

  • 英語を話そうとするとき、どのように表現したらよいのかわからなかったり、単語がなかなか口から出てこなかったりして、変なところから冷や汗が出てくるといった経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。 そうならないようにするために、ひとつのテクニックを紹介します。

    まず考える時間を自然に稼ぐことです。 『シーン』とした時間が過ぎてしまうと、早く話さなければいけないという緊迫感に負けてしまい、なかなか良い発言が出てきません。  その時にはこうです。

    ① Well(えーっと)・・・・ 
    ② I think(私はこう思う)・・・・  
    ③ that(つまり)・・・・  
    ④ it is(それは)・・・・  
    ⑤発言する 

    それぞれの番号の間にも間を設けてください。これで1分間は時間を稼げます。 困ったらこのテクニックで時間を稼げるということを知っておけば、自信を持って、会話に参加できるようにもなります。 相乗効果が生まれてきます。 
     ぜひ一度、トライしてみてください。

Point5 Confidence

  • 外国語の習得に限らず、世の中で、社会で、恋愛で、スポーツで頑張っていくためには自信(confidence)が一番必要な要素だと言っても過言ではないかもしれません。 

    それではどのように自信を得るのか? 人が自信を得るには様々なきっかけがあり、いろいろな方法があると思いますが、外国語の学習においては、自分の意思が相手に伝わることによって、また相手の話している内容が理解できた、映画が字幕なしで理解できたといったようにして、自分のレベルの成長、上達を感じることによって、自信を得ることができます。 

    どうですか?ラーニングキャッチボールと頑張って自分の自信を見つけてみませんか。 応援していますので、ぜひ頑張ってみてください!!!


    画像の説明
     

    コメント


    認証コード5578

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional